外国人雇用

優良な監理団体との提携にて、国内の活力ある外国人材をご紹介いたします。
また設立以来、延べ1300名の外国人への日本語教育と生活サポート支援を実施してまいりました。
煩雑な支援計画の作成はもちろんのこと、受入を希望される企業様が安心して受入が出来るよう外国人雇用のプロフェッショナルとして、最適なご提案を致します。

制度概要

2019年4月1日より人手不足が深刻な産業分野において「特定技能」での新たな外国人材の受入れが可能となりました。
この在留資格「特定技能」に係る制度とは、中小・小規模事業者をはじめとした深刻化する人手不足に対応するため、生産性向上や国内人材の確保のための取組を行ってもなお人材を確保することが困難な状況にある産業上の分野において、一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人を受け入れていくものです。

参照>出入国管理庁HP
http://www.moj.go.jp/isa/policies/ssw/nyuukokukanri01_00127.html

対応エリア 全国対応可

主要出身国 フィリピン、ベトナム、インドネシア、インド、タイ

特定技能外国人の受け入れを希望する企業との支援委託契約より、支援計画に基づき、受入企業責任のもと支援の全部の実施を行う登録認可制の機関です。

主な支援業務内容

  1. ① 事前ガイダンス
  2. ② 出入国する際の送迎
  3. ③ 住居確保・生活に必要な契約支援
  4. ④ 生活オリエンテーション
  5. ⑤ 公的手続等への動向
  6. ⑥ 日本語学習の機会の提供
  7. ⑦ 相談・苦情への対応
  8. ⑧ 日本人との交流促進
  9. ⑨ 転職支援(人員整理等の場合)
  10. ⑩ 定期的な面談・行政機関への通報

受入フロー

お打合せ(外国人労働者の受入にあたる、実地調査や、面談を通じた導入支援)
  ↓
人材のご紹介(面接会の実施)
  ↓
申請手続き
  ↓
就労開始・定期面談

概算費用

別途お見積

制度概要

理学、工学その他の自然科学の分野に属する技術を要する業務に従事することが出来る制度です。
対象者は、大学・専門学校で分野に特化した専攻科目を履修しており、関連した職務に従事すること出来ます。
いわゆる「ホワイトカラー」にあたる仕事に属するため単純作業のような業務は認められません。
また報酬については高い能力を有するため、日本人と同額または同額以上の報酬を支払う必要があります。

紹介可能人材

分野・業種

技術開発業務に従事する者、機械工学等の技術者(機械・機構設計)、システムエンジニア、土木及び建築における研究開発・解析・構造設計関連の従事者、製造や開発に携わる者。

対応エリア 全国対応可

主要出身国 ベトナム、インド、フィリピン、インドネシア、タイ

受入フロー

お打合せ(外国人労働者の受入にあたる、実地調査や、面談を通じた導入支援)
  ↓
人材のご紹介(面接会の実施)
  ↓
入社手続き(雇用契約書締結及び、在留資格申請手続き)
  ↓
入国(日本在留外国人の場合は、在留資格変更許可)
  ↓
就労開始

主な支援業務内容

  1. ① 書類作成
  2. ② 就業準備
  3. ③ 人材紹介

費用

年収30%程度(応相談)

CONTACT

代表メールアドレス
info@cb-s.jp
営業時間
9:00~18:00
Page Top